×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠の初期症状と生理との違い

妊娠の初期症状を調べている方は、いつもとの生理痛とは違う身体的・精神的な症状や兆候を感じていると思います。
周期が違う生理や生理痛で妊娠の初期症状が気になっているのは、今現在の生理前の下腹部痛や胸の張りといった症状が妊娠したのでは?と気になっているからだと思います。実際の妊婦は、生理予定日の約10日前から、つわりに似た症状や下腹部痛、胸の張りを経験されている方もいますので、妊娠の初期症状かどうか気になさる方も多いと思います。
特に下腹部痛は、若ければ若いほど実際に生理が終わるまで、本来の生理痛の痛みなのか妊娠の初期症状なのかすぐに区別する方法はないようです。
つまり、妊娠の初期症状と生理の時の身体・精神的症状は明確に区別はしにくようです。特に、生理前の症状としては精神的な影響も受けるので、妊娠の症状かどうかを気にしすぎると、自律神経の影響で下腹部痛などの症状が強くなってくることもあるようです。
気になりすぎて、妊娠検査薬を試す方もいらっしゃいますが、結果的には生理日付近にならなければ、実際に妊娠していたとしても陽性反応は出ません。

>>他にも症状を探す…

妊娠の初期症状

妊娠の初期症状は、身体的症状として、胸の張り、下腹部苦痛、ふくらはぎなどの足のむくみ、微熱が続く、つわりのような吐き気、めまい…。このように妊娠初期の症状は妊娠に限定してない症状なので実際にその症状だけで判断することは、自分ではわからないものです。
代表的な妊娠の初期症状としては、いつもの生理が1週間程度遅れるなど参考になりやすい妊娠の初期症状もあります。以下に代表的症状をあげ説明します。
1.下腹部の生理痛と似たような痛み
いつもの生理痛や排卵痛の時のような一定時間に生じる痛みです。しかし、これだけでは妊娠の症状か生理痛なのかは判断できません…
2.胸の張り
実際に妊娠するとホルモンの影響で胸の張りがでてきます。胸を触るといつもより硬いと感じたり、触らなくても胸が張っているのがわかります。
3.下腹部の膨満感
妊娠している時は、下腹部に違和感と言いますか窮屈さを感じたり、空気が溜まって張っているように感じる症状です。
4.微熱
妊娠の際には、日々の体温よりも微熱が続きます。実際に妊娠した時は、一日中体が暑いのが分かることでしょう。

♪できる前に予防したい妊娠線!芸能人も使ってる予防クリームを見る!

確実に妊娠がわかるためには?

妊娠の初期症状としての吐き気…

妊娠後はこの吐き気がつらいものですが、この吐き気は「つわり」とも言われているもので、空腹時の嘔吐感は妊娠の症状としての代表格です。しかし、想像妊娠という場合にもこの嘔吐感はでますので、つわりと言えども妊娠の初期症状としては100%の兆候ではないようです。

このように妊娠の初期の症状は、確実で固定的な症状はなくて、生理の時の症状とたいへん似ていて確実に妊娠しているのかという判断は自分自身ではできません。

実際に妊娠しているかどうか初期症状を気にされるのはご自分で何かを感じてはいると思いますが、精神的な影響も感じている症状にも影響しますので、妊娠しているかどうか確実に知るためには生理予定日より約1週間程度経過してもなお症状があるようでしたら、その時に産婦人科を受診すればかなり確実性が高い判断はされることでしょう。

それが待てないようでしたら妊娠検査薬を一度使って判断してみてください。早ければ早いほど妊娠していたとしても陽性にはなりませんのでご注意ください。

★石黒彩さんがママの立場で妊婦のためママサプリをご提供♪

Copyright © 2008 妊娠の初期症状…